2006年11月29日

グランドハイアット東京 【グランドクラブルーム・ツイン】




大、大、大好きなグランドハイアットなのに、サイトを立ち上げてから1年以上経ってもこのコンテンツの少なさはどういうこと?
滅多に泊まらないエグゼクティブスイートの記事が1件あるだけじゃない!

というわけで、9月上旬の滞在をネタに、本日はグランドクラブルーム(ツイン)をご紹介します。
anpan家の利用頻度がいちばん高いお部屋です。

GrandHyatt0009.JPG

スタンダードクラスであるグランドルームとエグゼクティブクラスのグランドクラブルームは、お部屋の広さや備品などには、差がありません。
グランドクラブルームでは、10階にあるクラブラウンジを利用できます。
価格差は、2名利用の場合11,550円。税・サ抜金額だと二人で10,000円ということです。 
10階のラウンジで座ってチェックイン、そこで好きなソフトドリンクと一緒にクッキー、チョコレート、デニッシュなどを頂けて、夜はカクテルサービスがあり、翌朝の朝食までついているとなればかなりお値打ち。
朝食にはホットディッシュはありませんが、おいしいパン、サーモンにチーズやハム、フレッシュジュース(野菜ジュースも2種類)、フルーツ、ヨーグルト、生野菜などなど結構な高級感です。

シャンパンとおつまみ持ってって部屋で楽しむ予算が7000円、朝食はヒルズで中華粥でも楽しめば3000円くらいで済むから、サービス料と税金ぶんセーブできるじゃない、グランドルームでオッケー!っていうのもありありですが、この場合ひとつ注意が必要です。
グランドルームはホテル3階-9階と15階-20階に配置されています。
3、4階のお部屋なんかをアサインされると、眺望がカナーリ貧弱で悲しくなりますから、予約時に高層階希望のリクエストをお忘れなく。リクエストが受け入れられなかったときは、諦めてカーテンを閉めてDVD三昧がお勧めです。
ちなみに、グランドクラブルームは10階-14階。グランドルームで15階以上のお部屋だったら、むしろ眺望がいいってこともありえますね。

あれ、そういえば。
先日宿泊したパークハイアットでは、VOD(Video On Demand)が導入されて、DVDの貸し出しがなくなったとのことでしたが、六本木はどうだったんだろう?確認しそびれちゃいました。

GrandHyatt0003.JPG


居室へのアプローチとドレッシングエリアが板貼りになっていて、シンプルモダンななかに和を感じるデザイン。
全体的にブラウン、ベージュでカラーコーディネートされていて、とても落ち着きます。

GrandHyatt0001.JPG


いちばん最初に利用したときに感動したのですが、グラス類が引き出しに複数種類きれいにセットされていて、すっきり。

GrandHyatt0010.JPG

セキュリティボックスも、デスクの引き出しに配置されています。
子連れ利用だと、このすっきり加減はポイントが高いんです。
ネット利用も快適。

GrandHyatt0002.JPG
GrandHyatt0004.JPG

グランドクラブルームの場合、お部屋にお茶菓子が用意されています。
フィオレンティーナで売っているものらしいのですが、クッキーだったり、チョコレートだったり、グミだったりと、毎回楽しませてくれます。

GrandHyatt0011.JPG

ベッドやソファ、デスクは大きめ。
そのために、44平米の広さが必要なんですね。
家具が大きすぎて部屋本来の広さが感じられないという言い方もできますが、用途、利用員の構成、好みによって、長所にも短所にもなるところです。

GrandHyatt0005.JPG

ツインルームは西向きなので、夕方から西日がきつくなってきます。
ダブルルームは、廊下を挟んだ反対側です。

コンラッド東京やマンダリンオリエンタル東京でも採用されて、今では珍しくないバスのレインシャワーですが、東京ではこのホテルが一番導入が早かったのではないでしょうか?
洗い場とバスタブが同じ空間にあるというのも、日本人には落ち着きますよね。
シャワールームなんてだいたい半畳程度ですからこの開放感は貴重ですし、シャワーからバスタブに子どもを連れて滑りやすい床を移動するなんてこともなく、嬉しいかぎりです。

どっかの心療内科の医師が健康雑誌に、「自分が言うのもなんだが、下手な医者にかかるよりは、グランドハイアットのような寛げるホテルにゆったり泊まったほうが、心の治療には有効だ」というような意味のことを書いてましたが、ここのレインシャワーを浴びるたびに、きっとその通りなんだろうだなぁと思います。

GrandHyatt0006.JPG


ここに来ると、エレベータホールあたりから「グランドハイアットの匂い」がします。
洗剤の香料なんでしょうかね?
恋人同士で利用すると、別れた後も香りで思い出しそう・・・なんて想像しちゃいます。

GrandHyatt0007.JPG


このホテルでとても好きなのは、お掃除を頼むと、いつでもほどよくすばやくきれいにしてくれるところ。シーツをきれいに張って、ゴミの回収、タオルの交換といったターンダウン程度のサービスを手早くちゃっちゃとやってくれます。
朝食は前述のごとく、ルームサービスではなくラウンジにでかけますから、この時間にみだれたベッドを直しておいてくれると、部屋に戻ってから出発するまでがとても気持ちよく過ごせます。1泊で2度おいしい感じ。
同じサービスを他のホテルで頼んでみたら、掃除機までかけてくれるフルスペック対応で1時間くらい待たされたり、クリーニングのスタッフは10時にならないと来ないと断られたりしました。

GrandHyatt0008.JPG


朝のお掃除要員を見込んでいないことを責める気はさらさらありませんが、これを「ちょうどよく」やってくれるかくれないかで、宿泊の満足度が格段に違うんだな。部屋の滞在時間が長いからこそのニーズなんですけどね。

部屋の居心地がよすぎてスパにすら出かけない我々ですが、今年中に子どもをプールデビューさせる予定です。

グランドハイアット東京の宿泊予約は【一休.com】

ブログランキング・にほんブログ村へ
プレゼントクリックするとランキングに投票されます。
記事upの活力にさせて頂きますので、ポチっとお願いします。
ひらめき旅ブログ(ブログ村)

【グランドハイアット東京】
posted by anpan at 21:53 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(1)



2006年11月26日

ゴールドVIP資格GET!(ヒルトンHオーナーズ)




今やコンラッド東京の利用頻度が一番高いanpan家、ヒルトン提携の三井住友VISAカードを申し込み、HオーナーズなんちゃってゴールドVIP資格を手にしました。

ヒルトンのホテルプログラム(ヒルトンHオーナーズ)は、
利用頻度によって、4段階に分かれています。
各カテゴリごとのサービス内容を簡単に記載しました。
(2006年11月現在。上位カテゴリは直前カテゴリとの差分です)

利用地域や施設によって微妙に異なるので、詳しくはHオーナーズのホームページで確認してください。
  Hilton HHonors ( http://www.hiltonhhonors.co.jp/hhonors/ )

プレゼント ブルー会員
  ・ベースポイントの獲得
   (ホテルポイント+マイレージまたは
             ホテルポイントのダブルディップ)
  ・朝刊無料
  ・リクエストによるチェックアウト時間の延長
  ・エクスプレスチェックアウト

プレゼント シルバーVIP会員(1年で4滞在または10泊以上)
  ・ベースポイント×15%のボーナスポイント
  ・フィットネスクラブ利用無料
    ※コンラッド東京の場合は有料設備であるプールが無料

プレゼント ゴールドVIP会員
     (1年で16滞在または36泊または60,000ベースポイント獲得)
  ・ベースポイント×25%のボーナスポイント
  ・エグゼクティブフロアへのアップグレードまたは朝食無料
  ・ブラックアウトのない無料宿泊

プレゼントダイアモンドVIP会員
     (1年で28滞在または60泊または100,000ベースポイント獲得)
  ・ベースポイント×50%のボーナスポイント
  ・48時間前の予約保証


シルバー会員からゴールド会員に変わると、受けられるようになる特典が
「朝食無料」です。
※エグゼクティブフロアへのアップグレードは
 大いに期待したいところですが、チェックイン時の状況によるので
 アサインしてもらえなくても文句は言えません。


さて、この「朝食無料」は、どのくらいの価値があるのでしょうか?ひらめき
コンラッド東京のホームページでプラン比較してみました。
(調査日:2006年11月下旬)

コンラッド東京 ( http://www.conradtokyo.co.jp/ )

コンラッド東京のご予約は【一休.com】


プランの数が多くて非常に比較しづらいながら、
2006年中は、クラシックプランの同じ部屋で2名利用の場合、
朝食の有無により3,000円の価格差がありました。
( 2007年宿泊分になると、
  朝食有無による価格差が6,000円、
  シティサイドとガーデンサイドの価格差が5,000円 )

英国式(セリーズ利用の場合)か
アメリカンブレックファスト(ルームサービスの場合)で
1名当たり単価が1,500円とは、コンラッド東京、太っ腹!るんるん


カードの初年度会費は8,400円なので、
朝食単価を低めに1名1,500円で見積もっても、年に3回利用すれば損益分岐点を超えるなぁ。
しかも、1年に3回しか利用しなかったとしても、ゴールド会員資格が維持できるため、プールは利用無料、25%ポイント割り増し&支払に提携カード利用で
2000ポイントがボーナス加算。
5回も宿泊すれば無料宿泊に手が届きそう。手(チョキ)


anpan家の結論は、
コンラッド東京を1年で3回利用する見込みがある限り、
Hオーナーズの提携クレジットカードを保有する価値あり!揺れるハート

ただ、個人的にアワードはスタンダードルームに無料宿泊より、少ないポイントでスイートアップグレードのほうが嬉しいんだけどね。ムード



10月に早割でとったガーデンツインルーム(朝食なし)の宿泊からゴールドVIPが適用になりました。
ホテルのポイントプログラムで「適格料金」に該当するのかどうか迷うことの多い一休.comからの予約でしたが、エグゼクティブフロアにアップグレードしてもらえてニッコリ。わーい(嬉しい顔)
5万円を切る価格でエグゼクティブルームに宿泊したのは初めてです。

この日の朝食なしガーデンルームとエグゼクティブガーデンルームの価格差は6,300円。
しかも、エグゼクティブツインは早割が出ていなかったのでますます満足。黒ハート

さてこのカード、請求書をWebで確認する方式にし、請求書発行回数が一定以上になると年会費をさらに安くすることができるとのこと。
(-1,050円)

一方気をつけるべき点は、年会費が8,400円になるのはリボ払い設定が条件なので、1ヶ月の利用金額が支払設定金額を超えた場合は、電話かホームページから一括払いを申請しないと、実質年率15%の手数料がかかること。
設定できる支払最高額は月10万円なので、通常のゴールドカードのようにガリガリ使うには、ちと面倒。

またゴールドカードの割にはポイント還元率が悪すぎで、ヒルトン系列で宿泊支払に使う以外では
「え、これゴールドでしたか?」
というくらいしかポイントがつきません。

ポイント重視やカード利用金額の高い方は、年会費はHオーナーズのゴールドVIP維持費と割り切ってメインカードを別に持つのがベターです。手(チョキ)


しかし、ショッピング限度額が70万〜200万なのに支払金額設定は上限10万、一括払申告をしない場合は超過分が翌月以降の支払いになって、手数料年率15%て・・・
初回支払分には手数料がかからないとはいえ、2回め支払以降分にはサラ金並みの金利(手数料)が。もうやだ〜(悲しい顔)
我が家にはあり得んなー。

月々の支払額を1万円に設定することもできるらしいのですが、ゴールドカテゴリで月支払設定が1万円て、一体どんなユーザ、使い方を想定してるのか、さっぱりわからないリボカードビギナーのanpan家でした。


ご利用は計画的に!




ブログランキング・にほんブログ村へ
プレゼントクリックするとランキングに投票されます。
記事upの活力にさせて頂きますので、ポチっとお願いします。
ひらめき旅ブログ(ブログ村)

ホテルを楽しむ
posted by anpan at 14:36 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。