conrad-info.JPG CONRAD TOKYO

一番多く利用させて頂いているせいか、
一番安心できるホテルです。
汐留近辺でのショッピングなども楽しめます。
「グッドデザイン賞2006」受賞
「アジアパシフィックのベスト・ニュー・ビジネスホテル」受賞

コンラッド東京 ご予約は【一休.com】
ParkH-info.JPG PARK HYATT TOKYO

新宿新都心の超高層ビル「新宿パークタワー」の
39階から52階を占めているだけあって、景色は抜群。
どうせなら、スイート!と思ってしまうホテルです。

パークハイアット東京  ご予約は【一休.com】
GrandH-info.JPG GRAND HYATT TOKYO

六本木ヒルズにあり森ビルに隣接しており、
ショッピングなども楽しめます。
立地のせいか外国人や著名人が多く利用しているようです。

グランドハイアット東京 ご予約は【一休.com】
Mandarin-info.JPG MANDARIN ORIENTAL TOKYO

2005年12月オープン2日目に滞在!
少々印象が悪かったせいか、一度しか行ってません。

マンダリンオリエンタル東京 ご予約は【一休.com】
FSmaru-info.JPG Four Seasons Hotel Tokyo
at MARUNOUCHI

東京駅に至近!(特に京葉線口)
パシフィックセンチュリープレイス内にあり、
窓からは線路が見えます。
客室から新幹線が見えますので、うちの子は大喜び!

フォーシーズンズ丸の内東京 ご予約は【一休.com】
FSchin-info.JPG Four Seasons Hotel Tokyo
at CHINZAN-SO

客室から日本庭園が見える
優雅さを備えたホテルと言えます。
室内はヨーロピアンなムードが楽しめます。

フォーシーズンズ椿山荘 ご予約は【一休.com】
The Peninsura Tokyo

なんと言ってもプールが最高!
皇居や日比谷公園が至近で、地下鉄から直結なので雨の日も濡れません。

ザ・ペニンシュラ東京 ご予約は【一休.com】

2005年09月19日

グランドハイアット東京 【エグゼクティブ・スイート】




2005/08下旬、グランドハイアット東京のエグゼクティブ・スイート(ツイン)に泊まりました。広さは100uでリビングとベッドルームエリアが半分ずつぐらいに仕切られていました。
 

【リビング】
リビングエリアには、ソファーセットにスピーカー、読書灯などが配置してあります。
パークハイアットの同じグレードのお部屋(パークスイート)では、リビングセットのほかにダイニングセットがありましたが、こちらのお部屋は重厚なリビングセットのみ。
 

ゆったりしたソファーの寝心地にうっとり。スタンドタイプのスピーカー、読書灯は、大人が過ごすにはおしゃれで快適なんでしょうが、子連れ家族がお部屋を走り回るにはちょっと障害になりました。
 

16階のお部屋でしたが、窓からの眺めが素敵。新宿の高層ビル群がよく見えました。
重厚な家具は動かさない限りはよいのですが、窓側にルームサービスのセットを置く際に、担当の方がソファをどかすのに苦労してました。一人で気の毒なのでちょっと手伝ったのですが、いやー、重かった!

ミニバー前のライティングデスクスペースは、エグゼクティブの名前にふさわしい充実ぶり。横長のゆったりしたデスクに椅子が2つ。邪魔にならないくらいの小さいフラワーアレンジメントがさわやかに置いてあって、ここでのパソコン操作は快適です。
FAXは・・・使わないから気にしなかったけど、カウンター下にあったのかな?


【ベッドルーム】
ベッドルーム側からの景観は、有名な賃貸マンションが真向かいに見えて窓全開だと丸見えになる感じで、ちょっと気になりました。
でも、都心がかなり広い角度で見えて楽しめます。
窓際に、ソファのほかエキストラベッドにも使えそうなシートがおいてあって、すっかりくつろげました。


【バスルーム】
バスユニット自体は、グランドルームと同じなんでしょうか?
バスタブはこれまで利用したお部屋と比べて角度が違ったせいか、むしろ小さく感じました。バスアメニティは「REN」。グランドルーム、クラブルームは別のに変わっちゃったけど、スイートにはまだいたのね。いい香りです。


シンクもグランドルームと同じで、シングルでした。バスルームはガラス張りで、ベッドルームにつながる引き戸は全開にできて開放感があるので、狭く感じることはありません。


【スパ】
スイートに宿泊すると、プール、スパエリアを無料で利用できます。
客室数に比べると規模は小さいのですが、有料とすることで利用者を制限できていて、人が多くて困るということは全くありませんでした。
プールは客室のビデオに流れている通りの素敵な照明で、水面がきらきらしてキレイでした。
残念ながら、子どもの利用は5歳から。うちの子は、あと1年我慢です。


グランドハイアット東京の宿泊予約は【一休.com】

ブログランキング・にほんブログ村へ
プレゼントクリックするとランキングに投票されます。
記事upの活力にさせて頂きますので、ポチっとお願いします。
ひらめき旅ブログ(ブログ村)



国内格安航空券を価格比較!
国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
年 月 
150社の旅行会社の航空券・ツアーが価格比較できる
格安旅行探しの決定版! Travel.co.jp
この記事へのコメント
グランドハイアット東京も素敵ですね。
いつかは宿泊しに行こう!と思っているのですが、なかなかタイミングが合いません。
その為、グラハイ東京にはアフタヌーンティーしかありません。

国内最後のハイアット。という事でちょっと我慢して残しておきます。
Posted by ちゃまの高級ホテル宿泊記 at 2006年07月10日 02:55


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。